住宅ローンの諸費用にはどんなものがあるの?

住宅ローンを利用する時は、色々なお金が必要になります。大きなお金が動くのですから、色々と手間がかかるのは当然です。それでは住宅ローンの諸費用にはどういうものがあるのでしょうか。住宅ローンの諸費用は、住宅を購入する時の諸費用です。物件を購入する時には、購入金額以外にさまざまな手数料などが必要になるので、覚えておいてください。
住宅ローンの諸費用として、「印紙代」、「融資事務手数料」、「抵当権設定費用」、「登記手数料」、「住宅ローン保証料」、「団体信用生命保険料」、「火災保険料・地震保険料」等があります。
売買契約が締結された時には、印紙税と仲介手数料が発生します。これは不動産仲介業者との間に発生するもので、購入する住宅の金額によって変動します。そして住宅ローン契約が締結された時にも、金銭消費貸借契約書に使用する印紙税が発生します。これは~500万円、~1000万円、5000万円、~1億円で変わり、二千円、一万円、二万円、六万円と上がっていきます。

住宅ローンを利用する時には保証料が発生する時があります。これは金融機関によってある場合とない場合があるので、注意してください。この金額は借入金額・返済期間によって異なり、同じ金融機関でも審査結果によって変わることがあります。大きなお金が動く以上相応のものを要求してくるというものなので、利用する側としてはそれで納得するしかありません。

そして決済・引き渡し時には、登録免許税、司法書士報酬、固定資産税等清算金、仲介手数料が発生します。これは住宅購入時のものであって、住宅ローンではこれとは別に、融資事務手数料、団体信用生命保険料、火災保険料、抵当権設定費用などが発生します。物件を購入するということは大変なことですが、しっかりと調べて説明を受ければむずかしいことではないので、覚えておいてください。

住宅ローンの融資事務手数料は金融機関によって異なる

融資事務手数料とは、住宅ローンを借りる金融機関に支払う事務手数料のことです。
この融資事務手数料は融資額と関係なく定額の場合と、融資額によって変動する場合があります。変動する場合は、例えば「融資額×2.1%」というように利率で表されています。
まず定額の場合、金融機関によって異なりますが、おおよそ3万円~5万円程度のことが多いようです。
変動する場合は定率が決められており、おおむね1.5%~2.5%程度です。
融資額は数百万~数千万円ですから定率型の場合は数十万円以上の手数料になってきますが、その分金利が低く設定されていることが一般的です。